33才で無職だった私が人生をやり直せた理由


無職……それはこの資本主義社会において、クズにも等しい称号である。だが、私(中澤)は知っている。無職には色んな理由があるということを。なぜなら、私自身がまさに無職だったからだ

と、打ち明けると、「正社員じゃなくてもバイトはやってるでしょ?」と聞かれるが、残念バイトもやってない。33才にして真正の無職だった。もちろん貯金もゼロ。そんな私が人生をやり直せた理由をお送りしたい。

・30代までバイトだった理由

まず、なぜそんな状況になったかをご説明しよう。私が東京に来たのは20代前半。音楽で生計を立てることを夢見ての上京である。ツアーやレコーディング、リハーサルの予定を空けるため、就職ではなくバイトで生活費を稼ぐことにしたのは自然な流れだった。

バンド活動を続けるうちに何枚かCDをリリースし、ツアーやサーキットイベント、ラジオなどにも出演。ごくごく一部では知られるようになっていったが、そんな中気づけば年齢は30才を超えていた

・33才で無職に

相変わらずバイトなしでは食っていけない状態。バイトを転々としながら食いつないでいたその時、以前の記事でお伝えしたパワハラ事件が発生した。

幸いにも失業手当を受け取ることはできたが無職になってしまった私。働かなければどん詰まりは目に見えている。そこで、すぐに仕事を探し始めた。なにしろ、受給は3カ月、延長できて6カ月しかないのである。

・パワハラの爪痕

ところが、いざ応募という段階でパワハラ事件が深く心に爪痕を残していることに気づいた。応募しようとすると、圧倒的な不安と恐怖心で視界が回るのである。世界が歪んでいくようにゆっくりと。会社内の人間関係が影響力を持つ職場は無理だ。

でも、人間が絡まない仕事なんてない。コンビニ店員や警備員だって、上司や客との絡みくらいあるだろう。つまり、上司がつかず1人で仕事を完結させられて、人当たり以外の部分で明確な評価がある仕事でなければならない。

・ゼロからやりたい仕事を探す

そういう観点で、まずチャレンジしたのは作詞家。やはり、音楽がやりたくて上京してきたため、真剣に「お金にできないだろうか?」と考えた。

そこでバンド作品を1カ月ほど色んなところに応募したところ、フジテレビと2つの作家事務所から連絡が。アニソンとかジャニーズのコンペへの提出作品の作詞依頼も来るような状況に。

と言うと、とんとん拍子にも聞こえるかもしれないが、結論から言うと作詞家は私には無理だった。採用されて売れない限り金にならないからである。しかも、コンペは毎週あるのだが、曲が送られてきてから提出までの期間は、多くて2日、少なければ当日中。

その間に、雰囲気を理解するため作品を見ないといけない。しばらくは徹夜に徹夜を重ねてなんとか提出していたが、やがて気づいた。

死ぬ気全力でついていけない仕事をずっと続けられるわけがない」と。

純然たる才能不足を痛感したのである。先のことを考えると、これで食っていくのは無理だ。そこで、作詞家は断念。あと、もう1つ嫌だったのが、作った作品のほとんどが世に出ないこと

・パンドラの箱の最後に残った職業

反応を見て初めて分かることは多い。逆に言うと、コンペや事務所の人間が判断するような少数意見では主観的かつ一面的すぎて本当の問題が見えてこないのだ。

そのため、音楽関係の仕事は才能に頼らざるを得ない。仕事にするには向いていないと言える。人間関係があまり影響しない、作ったものをなるべく世に出したい……アレ? ライターなんて良いんじゃね?

・なんか名前聞いたことがあるサイト

というか、もうそれしか残ってない気がする。さっそく、「なんか名前を聞いたことがあるサイト」にとりあえず履歴書を送った。基準は「ここなら、普通に生活できるくらい給料出そう」とかそんな感じ。そんな、なんか名前聞いたことがあるサイトの1つが……

そう、ロケットニュース24だ。ハッキリ言うと、誰の顔も知らなかったのだが、とりあえず面接に来た佐藤英典に「ファンです」と言った記憶がある。なお、佐藤記者はその時人間椅子のTシャツを着ていたので打ち解けるのは早かった。人間椅子を好きな人に悪い人はいない

・人生やり直せた理由

あとは、皆さんご存じの通り。電気やガスが止まるのは当たり前で、常にお腹を空かせていた私が、爆盛りメニューを食べることができ貯金もできている。さらには、ロケットニュース24のおかげで彼女もできました

というわけで、33才で無職だった私が人生をやり直せた理由はロケットニュース24の一員となったこと。そんな本サイトではライターを募集しております。

【歓迎する経験や能力】※下記どれか1つに当てはまる方歓迎

ロケットニュース24をいつも読んでいて、書き方の雰囲気などを分かっている方
これまで紙媒体やネット媒体で執筆経験のある方
ガンガン取材に行けるようなフットワークの軽い方
英文などもサラサラと読める方
IT知識、ネット事情などについて詳しい方
定期的に記事を書ける方
つまりはプロ意識のあるライターさんを募集しています

【報酬】
記事1本に対して報酬をお支払いいたします。報酬は、「基本報酬」と「インセンティブ報酬」を合わせた額となります。

基本報酬 + インセンティブ報酬 = その月の報酬

基本報酬の目安は、1本あたり2500円〜7000円(※あるいはそれ以上)で、記事執筆にかかる手間やクオリティ等に応じてお支払いします。また、インセンティブ報酬は「PV等から計算した金額」となります。

なお、研修期間は基本報酬のみとなることをご了承ください。研修期間の長さは人によりますが、短い人だと7本ほど、長い人でも15本ほど書くと研修期間終了となります。

【応募方法】
下記の履歴書と記事2本以上を recruit@rocketnews24.com 宛に、件名は「【ロケット】ライター応募」としてお送りください。

1) 履歴書 ※ ブログ、TwitterなどをやっていればそのURLも

2) 記事2本以上
下記3つのテーマの中から2つを選んで、1テーマにつき1本、計2本の記事を書いてください。「3つとも書ける!」という人は3本書いてお送りください。また、いずれの記事もロケットニュース24の過去の記事を参照し、実際に掲載されることをイメージしてお書きください。

・オリジナル記事(ネタも自分で考えたもの)
・英語ソースが元ネタの記事
・日本語ソースが元ネタの記事

※ 記事のタイトルは非常に重要な要素です。実際に公開することを前提にタイトルを付けてください
※ 記事執筆の所要時間も付記しておいてください(例: 1時間10分)
※月に何本くらい書けそうかという目安も教えてください(例:月30本など)

弊社にて書類選考のあと、面接を行い、採用判断という流れです。尚、大変申し訳ないながらも選考を通過された方のみへの連絡とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

──本記事を読んでもらえれば分かると思うが、【歓迎する経験や能力】について私はどれも当てはまっていない。だが送ってみたら採用された。いつだって大事なのは一歩踏み出す勇気なのかもしれない。あなたも人生、変えてみないか

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。