【訃報】8度目のエベレスト登頂に挑んでいた登山家「栗城史多」さんの死を所属事務所が公式に発表

エベレストへの登頂にこだわり続けていた登山家の栗城史多さんが、亡くなっていたことが明らかになった。当初、海外ニュースサイトが第一報を伝え、情報の信ぴょう性が問われていたのだが、所属事務所は以下のように伝えている。

・事務所の発表

「栗城事務所の小林と申します。このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」(栗城史多公式Facebookより)

第一報を伝えたヒマラヤンタイムズは、シェルパ(チベット系のネパール人)の登山家が栗城さんの遺体を発見したと報じている。一方の所属事務所は、Facebookに投稿した段階で「詳細については不明」としている。

・現地で何があったのか

栗城さんは今回8度目のエベレスト登頂に挑み、5月28日にはAbemaTVでその様子を生配信する予定だった。日本時間の5月21日10時の段階で、栗城さんは体調不良のため7400メートル地点から下山する予定だったという。彼に何があったのか。今後の情報が気になるところだ。改めてご冥福をお祈りいたします。

参照元:栗城史多公式FacebookThe HimalayanTimes(英語)、AbemaTV
執筆:佐藤英典


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。