【謎】Instagramが新しい動画サービス『IGTV』の提供を開始! 使ってみて感じた「最大の疑問」はこれだ!!

昔のInstagramは良かった。画面や機能がシンプルで、何かと使い勝手が良かったのに……。その魅力をかなぐり捨てるように(?)新しい機能が登場したぞ! 最大60分の動画を投稿できる「IGTV」だ。

わざわざ専用アプリまで出して、Instagramは何がしたいんだ……。という気が個人的にはするのだが、とりあえず使い方とチャンネル開設の手順を説明するぞ!

・YouTubeを意識?

このサービスはYouTubeを意識したものと見られる。たしかに動画サービスといえば、何といってもYouTubeだ。YouTuber という言葉も日本で十分に認知されており、最近は子どものなりたい職業のひとつによく挙げられる。

「Instagramer」という言葉はあるが、YouTuber ほどではないし、プロとしてやっていけるのかどうかも不明な状況。ここへきて、動画サービスに力を入れるのはアリなのかも。

・15秒から10分の動画

すでに気づいている人も多いと思うが、Instagramのアプリを起動すると、フィード画面の右上に新しいアイコンが表示されているはずだ(表示されない場合は、最新バージョンにアップデート)。フォローしている人がIGTVに動画を投稿している場合は、オレンジのグラデーションで目立つように表示されているはず。

これをタップすると、投稿動画を見ることができる。これまでInstagramは通常投稿で1分、ストーリーの場合は15秒の動画を投稿・視聴することができた。しかし、IGTVは1分以上の縦型動画を投稿できるのだ。

なお、投稿できる動画は縦型。また、60分の動画を投稿できるのは限られた人で、大抵は15秒から10分の動画となるようだ。

視聴する場合、投稿された動画はフォローしている人のものがデフォルトで表示される。そのほか「おすすめ」「フォロー中」「人気」の順でタブが設けられており、視聴途中で中断したものは「視聴を再開」で途中から見ることが可能だ。

・自分のチャンネルを作成

それから、「チャンネルを作成」をタップすれば、自分のチャンネルを作ることができる。

最初にチャンネルを作成するに当たってのヒントが表示され……

3つのヒントを確認すると、すでに自分のアカウント名でチャンネルが出来上がっている。

動画を投稿するには、右上の「+」をタップする。

・動画の詳細

端末に保存されているビデオから投稿したいモノをタップすると、投稿が可能だ。

投稿動画を選択したら「次へ」をタップ。

続いて、投稿動画の編集画面について説明しよう。まず、カバー・タイトル・詳細を入力。ちなみに、公開範囲にFacebookを設定することもできる。

「投稿する」をタップすると、IGTVのチャンネルに動画がアップロードされる。

アップロードが完了すれば、自分のチャンネルで動画を視聴することができるはずだ。

・動画のインサイト

動画を投稿すると、Instagramのホーム画面にもIGTVのアイコンが表示される。

ここでも自分の投稿動画を確認することができる。

なお、動画はインサイトで再生回数やいいね! の数、コメント数を知ることができるようになっている。

・最大の疑問

と、基本的なことを軽く実践してみたのだが、私(佐藤)が感じた最大の疑問が……

ぶっちゃけ、『IGTV』のアプリいる?

──である。というのも、IGTVの機能はInstagram上でも利用できるので、独立アプリをダウンロードする意味が、私にはちょっとわからない。Instagramだけでよくない? と思ってしまった。

とはいえ、私はまだ軽く使った程度なので、IGTVの魅力に気づいていないだけなのかもしれない。何度も使ってみると、その良さが分かるのかもしれないが……。

どちらにせよ、『IGTV』がどこまで浸透するのか? 気になるところだ。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(Instagram)


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。