【カオス】松ちゃん、アマゾンで新番組始めるってよ / マニアが語る新番組の衝撃的すぎる内容とは…

あなたにとって “お笑いの神様” は誰だろう? ビートたけしさんだという人もいれば、明石家さんまさんだという人もいるかもしれない。だが現在30代~50代の人ならば「松本人志」その人こそがお笑いの神様だと確信している人も多いのではなかろうか。

その松本人志さんが2018年秋からAmazon Prime Videoで新番組を開始するという。新番組に関する情報はほぼノーヒント。あるとすれば “まつもと犬” なる謎のキャラクターと、ドキュメンタルに続く “過激な番組” であるということだけだ。

・地上波では放送できない?

「松本人志」と「Amazon Prime Video」といえば、2016年から配信が開始された『ドキュメンタル』が思い浮かぶ。10人の芸人たちが100万円の参加費を持ち寄り繰り広げられる “究極のお笑いガチバトル” は、日本お笑い史に残る至極のエンターテインメント番組だ。

2018年8月現在、ドキュメンタルはシーズン5までが配信されているが、新番組はドキュメンタルと直接的な関係はないらしい。とはいえ、松本さんがわざわざAmazon Prime Videoで新番組を始める意味を考えれば、ドキュメンタル並みの滅茶苦茶な番組になることは確実だろう。

本来ならば新番組に関する情報を少しでもお伝えしたいところだが、真面目な話、その情報が一切開示されていない。ただすでに新番組の公式キャラクター(?) “まつもと犬” が各種SNSに登場しており、ネット上で「おもしろい」「気になる」「気持ち悪い」などと話題になっているのが現状だ。

果たして新番組はどんな内容なのか……? 気になって仕方がないので、松本さんを敬愛するあまり「来世は浜ちゃんに生まれ変わってダウンタウンを結成したい」と豪語する佐藤英典氏に新番組について尋ねてみることにした。

──松本人志さんがAmazon Prime Videoで新番組を始めるらしいのですが、どんな内容なのか予測できますか?

「出来るも何も俺にはわかっている。簡単なことさ、まつもと犬……それに全てが凝縮されていると言っていいだろう」

──わかってるんですか? しかもまつもと犬がヒント……?

「そうだ。松本さんは常日頃から “笑いは緊張と緩和” と仰っている。つまり、ストレートと変化球を織り交ぜてこその笑いなんだ。ストレートだけでも変化球だけでも1流のピッチャーにはなれないだろ?」

──たしかに……。

「つまりまつもと犬はストレートだと考えていい。いや、むしろそう考えるべきだ」

──ではまつもと犬が主役の番組ということですか?

「それは違う。浅すぎる。お前みたいな3流ライターがいくら考えても時間の無駄だから答えを言うが、ズバリ新番組は “動物番組” だ」

──ど、動物番組? 確かに松本さんがこれまで動物番組に携わったことはありませんね。

「だろ? さらに言うならば、ファミリー向けのハートフルな番組ではない。ムツゴロウさんレベルのハードな番組になることは確実だ」

──ムツゴロウさんレベル……!

「ぶっちゃけ、ムツゴロウさんは相当ハードだ。ムツゴロウさん自体が動物愛あふれる素晴らしい人物であることは間違いないが、当時の番組を今そのまま放送できるかと言われればかなり怪しい。なぜならムツゴロウさんが相当ハードだからだ」

──わかる気もします……!

「きっと松本さんは2代目ムツゴロウさん襲名を狙っているのだろう。ハッキリ言って松本さんはお笑いの力で人間界を支配し終わった。次なるターゲットは動物界……筋肉ムキムキになったのも野生の動物と戦うためだと俺は思っている。でなければあそこまでの筋肉は必要ないハズだ」

──な、なるほど。

「俺はまつもと犬の公式Twitterをフォローしているが、時折あるヒントから、新番組は動物番組、そしてかなりハードな内容になると確信している。ただ、そこまで辿り着けるのは日本広しといえども俺くらいしかいないだろうな」

佐藤氏によれば新番組は「動物番組」で、松本さんは「2代目ムツゴロウさん」を狙っているらしい。とはいえ、松本さんのことなら、まつもと犬自体がフェイクである可能性も高い。いずれにしても、佐藤氏の予測が大ハズレであったとしても、当サイトは何の責任も取らないことはきっちり記述しておきたい。

ちなみにAmazon Prime Video では8月24日から「ドキュメンタルを振り返る」の配信を開始する。松本さんとこれまでの出演者たちが、ドキュメンタルの激闘を振り返る特別番組になっているので、ドキュメンタル中毒者たちはぜひチェックして欲しい。

また、新番組に関する情報番組も9月には配信される見込みだ。果たして佐藤氏の予言通り新番組は動物番組なのか? こちらも注目してみよう。

Report:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。