シュレックみたいな色の『わさび肉まん』を食べたら「食べ物を見た目で判断してはならない」と教えられた

観光地に行くと、普段食べないであろうものが無性に食べたくなるから不思議だ。先日、軽井沢を旅行した筆者は、お土産店「駅舎旧軽井沢」で とても気になるご当地グルメを発見してしまった。その名も『わさび肉まん』である

わさびと肉まんだと……!? 今まで生きてきて、全く想像しなかった組み合わせだ。一緒に同行した家族がソフトクリームを涼しい顔で食べている横で、どうしても『わさび肉まん』が気になってしまった筆者は、気が付くと熱々の包み紙を手にしていたのである。

ソフトクリームの誘惑をも打ち消してしまうその実力は恐るべし!! 果たしてお味はいかに!?

・シュレックもびっくり

紙袋から取り出して言葉を失ってしまった。そう、そこに現れたのは肉まんらしからぬ色を纏(まと)ったシュレックだったのだ。もとい、シュレックも驚きの緑色をした肉まんだったのだ!! めっちゃ辛そう……。

そのファーストインパクトに圧倒されてしまったが、こうなったら腹を決めてかじりついてやろうではないか! というわけで、ひと口食べてみたところ……ん? えっ!?

全く辛くない!!

──なんだか複雑な気持ちになってしまった。人を、いや、食べ物を見た目で判断してはならないのだと教えられているような気分だ。というか、よく見たらポップにも「辛くない」と書かれていた。気になる気持ちが強すぎて見落としていたようだ。

最初のひと口で「全く辛くないこと」に衝撃を受けてしまったが、味をしっかり確かめてみよう。すると……わさびの風味を微かに感じる。ただ、それはどちらかと言うと高菜のそれに近い。生地にはわさびが練り込まれていて、餡(あん)にもわさびの葉が散りばめられているようだ。ジューシーな餡にふっくらとした生地で普通に美味しいぞ。

そんなわけで、今回筆者が軽井沢で食べた「わさび肉まん」は刺激的な食べ物ではなかった。むしろ、小さい子供や辛いものが苦手な方でも食べられるのではないかと思う。軽井沢へ足を運んだ際は、一度試してみてくれ。

・今回訪問した店舗の情報
店名 駅舎旧軽井沢
住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢813 駅舎旧軽井沢 1F
営業時間 9:00~18:00

Report:石井陽太
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。