【閉店……】神保町のCDレンタルショップ「ジャニス」の思い出50連発

昨日2018年8月30日。東京・神保町にある老舗CDレンタルショップ「ジャニス」が、11月をもって本店を閉店すると公式サイトで発表した。このニュースは多くの音楽ファンに衝撃を与え、本日31日には「ジャニス」が Twitterのトレンドに入るなど話題になっている。

1981年の創業以来、その圧倒的な在庫量で熱烈な支持を集めるジャニス。今回は、そんなジャニスの思い出を「あるある形式」で振り返りたいと思う。私(あひるねこ)がよく通っていた旧店舗についてがメインとなっているが、ご了承いただければ幸いだ。ああ、我が青春の日々……!

・「ジャニス」の思い出50連発

1. 最寄り駅を降りた瞬間、ワクワクでやや早歩きになる
2. 雑居ビルの9階という若干の怖さ
3. 初めてお店に足を踏み入れた時の衝撃
4. 棚は天井に届くほど高いのに通路は狭い
5. 圧迫感がスゴイ
6. でも天国
7. ここにあるCD 全部レンタルできんの!?
8. 東京、マジですげえ……
9. ジャンルが細かく分かれていて感動
10. 着いたらまず新入荷をチェックする
11. 欲しかった作品を発見し心の中でガッツポーズする
12. 逆に全部借りられていた時の絶望感
13. 一応、検索機で返却予定日を見てみる
14. 店員さんが棚に戻しに来ることを期待して見守る
15. 全部レンタル中かと思ったら、別のコーナーに並んでいることがある
16. 輸入盤が置いてあるのは衝撃だった
17. ブートのライブ盤まであって死んだ
18. 引き出しにストックの CDが入ってて「こっちにもあんのかよ!」と思う
19. あ、出たばかりの新作ある! と思って手に取ったら中古販売用だった
20. 輸入盤の帯部分に書かれている解説を参考にしまくる
21. 超定番シールの安心感
22. 自分が愛聴している作品に新定番シールが貼られると嬉しい
23. ディスクがキレイで驚く
24. 地元の TSU〇AYA は傷だらけだったぞ
25. 気になったアーティスト名はジャニスで検索するためメモを取っておく
26. 検索機は2台とも埋まりがち
27. 検索結果を消さずに立ち去る人の多さ
28. その画面を見て「ワケの分からんもん調べてんなぁ……」と感心する
29. たまにとんでもない枚数をカゴに入れている猛者がいる
30. そういうヤツに限って「(返却は)当日で」とか言い出す
31. 帰り道、近くのマックで PCに取り込んでいる姿を見かける
32. 宅配返却サービスの便利さに途中で気付く
33. もっと早く知っていれば、返却のためにわざわざ来なくてもよかったのか! と悔やむ
34. 金券半額バックの日を狙っていく
35. というか、金券半額バックの日を中心に日々のスケジュールを立てる
36. レジに並んでいる時はシューゲイザーの棚を眺めがち
37. やけに遅いと思ったら、どちらも新規入会の手続きをしている
38. 店内放送で聞いた曲を「何これ超いい!」となること多数
39. 希少盤を借りる時は緊張する
40. 「もし紛失したらいくら取られるんだ……?」と震える
41. 試聴機がガラガラだった時の高揚感
42. 試聴機前の壁はいろいろな告知が貼ってあってカオス
43. 試聴機裏の従業員スペースから聞こえる VHSを巻き戻すような音
44. めっちゃノリノリで試聴しているヤツがいる
45. 試聴した結果5枚ともキャンセルする時の罪悪感
46. 逆に当たりに出会った時の興奮
47. 慣れるとエレベーターで一緒になった人が9階に行くか行かないかが分かる
48. 明治大学に入学していれば毎日行けたな、とちょっと思う
49. 上京して一番よかったのはジャニスに通えたこと
50. ありがとう、ジャニス

参考リンク:ジャニス
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。