【PCコラム】最近の外付けSSDってのは、こんなにも小さくて軽いのか!! ってビックリ仰天した話

いやー、おじさん、最近ビックリしちゃってね。外付けのポータブルSSDをAmazonでポチったんだけど、届いて仰天! 予想以上……いいや、想定外に小さかったのよ。「コンパクト」なんてもんじゃない。「大丈夫か?」ってくらいで。

どんだけ小さいのかっつーと、加熱式たばこgloの箱よりも小さい……といっても伝わらないと思うんで、もう少しわかりやすく例えると、面積はキャッシュカードよりも小さくて、厚みはキャッシュカード8枚分くらい……ってところかな。

そんでもって、とにかく軽い。これ、オモチャかな……ってくらいに軽い。それなのに容量は480GBも入っている。こんなに小さな物体に480GBも入って、さらに転送スピードが激速とか……もうね、未来。完全にこれ、未来なんだよね。

おじさん、昔から記憶装置は「Transcend(トランセンド)」って決めってっからね。当然、このSSDもトランセンド。「TS480GESD220C」ってヤツみたいなんだけども、とにかく気に入ってる。価格は1万3800円だった。

だってね、つい最近まで、これまたトランセンドのポータブルSSDを使ってたんだけども、容量は240GBなのにガワは外付けHDDと同じサイズだったのよ。それでも満足して使ってたけども、今回のSSDの小ささには本当に腰抜かしたよ。

ちなみに、愛用している外付けHDDは、やはりトランセンドの4TBね。米軍の落下試験規格に相当する耐衝撃性を実現した3層構造の衝撃保護システムを備えている「StoreJet」ってシリーズさ。めちゃんこタフなので満足してる。

そしてそこに、コンパクトで激ッ速のSSDでしょ。このコンビ最強。例えるならば、コンボイ的なトレーラー(HDD 4TB)と、小回りの効くレーシングカー(SSD 480GB)のタッグみたいな。持ち物も減ったし軽くなったし、日々ニッコニコさ。

とにかく技術の進歩ってのは凄まじいものがあるね。おじさんが若い頃(20年前)なんて、デスクトップパソコンのHDDが2GBくらいしかなかったんだから。つい数年前まで、500GBの外付けHDDとかも持ち歩いていたくらいだし。それが数年でこうでしょ。長生きしたいね。これからもビックリし続けたいからさ。

参考リンク:Amazon「Transcend TS480GESD220C
執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。