【一発屋の今】YouTubeに進出したねづっちの「1分謎かけ」がスゴい / ただ、マシンガンのように連打するも…

謎かけで一世を風靡した芸人と言えば、この人しかいないだろう。そう、「ねづっち」だ。謎かけを発表する際の「整いました」というフレーズは、2010年の流行語大賞にもノミネートされたほど。

しかしながら、ここ数年はテレビでもほとんど姿を見せなくなってしまった。いわゆる “一発屋” というくくりに分類されてしまうのだろう。そんな彼が新たなステージを開拓しようとしているのだが、その場所とは……

・1分謎かけがスゴい

なんとYouTubeだ。2014年11月20日に「ねづっちチャンネル」で初動画を投稿すると、時事ネタなどを交えた謎かけ動画を毎日のようにアップロードしている。どの動画もおよそ1分程度にまとめられているので、気軽にサッと見ることができる。

そんな中でも、1分謎かけというジャンルには目を見張るものがある。というのも、決められたお題に対して、1分間のうちにマシンガンのごとく謎かけが発射されていくのだ。そのお題も、おそらく撮影時まで本人には伝えられていないと見える。

例えば『1分謎かけ「麻婆豆腐」』の動画だが、滑り出しこそ自身でも「苦しい」と認めているものの、その後は軽快に謎かけを進めていく。1つ発表したと思ったら、間隔をほぼ開けずに、もう「整いました」の声。

一体いつ整えているのか。凡人の私(石井)にはさっぱり意味が分からない。謎かけを発表しながら次の謎かけを考えているのだろうか。しかも、クオリティが適当ではないのも驚きだ。

・思うようには伸びない再生数

ただ、YouTubeの世界も甘くはないらしい。1分謎かけ「麻婆豆腐」の回は2018年9月16日の時点で400回再生。他の動画も多くて1000回ちょいといった再生数だ。これだとYouTubeでの収入は微々たるものと思われる。

・筆者も整えます

とはいえ、感心してしまう謎かけも多いので、気になる人は応援の意味も込めて覗いてみてはいかがだろうか。さて、本記事の締めとして、僭越(せんえつ)ながら筆者も謎かけをやってみたいと思う。お題はもちろん「ねづっち」で。

整いました!
ねづっちとかけましてYouTubeと解きます。
その心は……

「どちらも再生を願います」

以上です!

参照元:YouTube
執筆:石井陽太


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。