この発想はなかった! 新感覚だと話題の「卵かけご飯」を実際に作って食べてみた結果…

古くから日本に伝わる超絶カンタン激ウマ料理「TKG(卵かけご飯)」。そのTKGをよりウマくするため、これまで様々な方法が生み出されてきたが、またひとつ新たなレシピが話題となっている。

2018年10月8日に朝日放送テレビの『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』で紹介された方法がそうだ。筆者も実際にやってみたところ、これまでにない新感覚だったのでTKG好きの方はぜひ1度試してみてほしい。

・特別な材料は必要ナシ

番組内で紹介されたレシピは以下の通り。なお、材料はご飯、しょうゆ、卵の3点のみで、特別なものを用意する必要は一切ないぞ。

【作り方】

その1:器に卵(1個)を割り入れてしっかり溶く

その2:器にご飯をよそい、しょうゆと混ぜ合わせる(量の目安としてご飯150g、しょうゆ小さじ2)

その3:ご飯に卵をかけて混ぜれば……

完成!

──つまり、ご飯としょうゆを混ぜ合わせて溶き卵をかけるだけである。番組に出演している岡本健二先生の説明によると、こうすることで卵、しょうゆ、ご飯の味の輪郭がはっきりと現れるのだとか。では、どれくらい違いがあるのだろうか?

食べてみると……なるほど!

卵としょうゆの味がご飯にしっかり馴染んでいてウマい!!

もうTKGのウマい作り方はネタ切れかと思っていたが、この手があったか〜。念のため、卵としょうゆを同時にご飯にかけたTKGも作って食べてみたが、しょうゆを先に混ぜたTKGよりも水っぽく全体の味がぼやけている感じがした。“味の輪郭がはっきり現れる” というのは確かである。

・ネットの声

「非常に画期的」
「新感覚卵かけご飯」
「美味しすぎて感動した」
「明日の朝食にまた食べそうだ」
「順番変えただけで美味かった」
「やってみたら美味かった」
「卵に混ぜるより醤油の味がよく伝わる」

ネットユーザーの間でもその味を絶賛する声が挙がっていた。ちなみに、同番組では「鶏おかか」というTKGにぴったりのおかずも一緒に紹介されているので、興味のある方はホームページでレシピを検索してぜひお試しあれ。

参照元:朝日放送テレビ「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。