【ポケモンGO】第4世代「シンオウ地方」実装の前に準備しておきたい5つのこと

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も今日とてミュウツーとのバトルに励んでいるかな? ミュウツーが出現するのは2018年10月23日まで! 悔いを残さないようにバシバシとレイドバトルに参戦しようぜ!!

それはさておき、ミュウツーと同じくらいワクワクが止まらないのが、近日実装予定の「シンオウ地方」のポケモンたちだ。そこで今回は、もう間もなく訪れる “その瞬間” までに準備しておきたい5つのことをお届けしよう。

・準備すべき5つのこと

1流のポケモンGOトレーナーたるもの、ボケっと実装を待っていてもつまらない。効率よいスタートダッシュを決めるためには、以下で挙げる5つの準備をしておくといいハズだ。

・その1:「ポケモンボックス枠の確保」

真っ先にしておきたいことは「ポケモンボックス枠の確保」である。現状、最高で1500匹のポケモンをストックできるが、キラポケモンや色違い、その他レアポケモンのことを考えると1500じゃ……全ッッッ然足りん

そこに新種の第4世代が加わったら、ポケモンゲットではなくポケモン削除に時間を費やすことになるだろう。シンオウ地方実装のタイミングで、少なくとも上限2000まで解放されると信じているが、削れるポケモンは削っておくといいハズだ。

・その2:「心細くない程度のほしのすな」

新しいポケモンを手に入れたら、いち早く進化させたくなるのがトレーナーの性(さが)。それだけではなく、ポケモンの種類によっては強化だってしたくなる。そんなとき必要になってくる “ほしのすな” は、心細くない程度に持っておくといいだろう。

・その3:「各種きのみ」

初めて見たポケモンは絶対に逃したくないもの。進化のことを考えるとアメだって欲しい。普段はあまり “きのみ” を使わないトレーナーも、このタイミングでは「ずりのみ」や「パイルのみ」を準備しておこう。場合によっては「金のずりのみ」や「銀のパイルのみ」が必要になることだってあるかもしれないぞ。

・その4:「第4世代で進化する21種類のポケモン」

シンオウ地方が実装されると、第3世代までに登場しているポケモン21種類が新たに進化する見込みだ。詳しくはこちらの記事でご覧いただきたいが、モンジャラが出た瞬間捨てている場合ではない。たまごから出ると即削除されがちなノズパスも、ちゃんと確保しておこう。

・その5:「自分なりのMAXテンション」

もっとも大切なのはコレだ。「へえ、なんか新しく実装されるんだ? ふーん」なんてテンションじゃ、いざ第4世代が来てもそこまで楽しめないハズ。できれば毎日ポケモンGOを起動する瞬間「来るんじゃね? さ・て・は……来てるんじゃね!?」くらいのテンションを維持しよう。

そうするとどうだろう? 本当に見知らぬ影が見えたときの感動は……! マジで「キタァァァアアアア!!」と声に出して叫びたくなるほどテンションが上がるハズ。とにかくワクワクして待っていた方が、絶対に楽しめるに決まってるぞ!

Instagram Photo

というわけで、もう間もなく実装予定のシンオウ地方のポケモンたち。ポケモンGOの公式Twitterでは、ちょいちょいと情報が出ているから、そちらもチェックしつつテンションをMAXボルテージまで上げて待とう。トレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト、Twitter @PokemonGOAppJP
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。