チキンラーメン『アクマのバタコ』のCMが公式とは思えないほどドラゴンボールにそっくりすぎてヤバい

「すぐおいしい、すごくおいしい」のフレーズでおなじみのチキンラーメン。最近では「アクマの…」シリーズなどが登場し、味のバリエーションも豊富になっている。

さて、今回は同シリーズの新製品『アクマのバタコ』のCMが、公式とは思えないほどヤバいことになっているのでご報告したい。強引な謎のストーリー展開と、あのアニメそっくりのキャラクターに要注目だ。

・ひよこちゃんと日清社員の戦いを描いたアニメ作品

本CMは、日頃の鬱憤が爆発して悪魔化したひよこちゃんと日清社員の戦いを描いたアニメ作品である。動画を再生すると、音声が英語で日本語字幕が表示され、まるでアメコミのような雰囲気だ。さて、どんな展開が待っているのか……。

椅子に拘束されているひよこちゃんに「私が悪魔を倒して追い出してやろう。」と伝える日清社員。次の瞬間、ひよこちゃんが大暴れ。日清社員は残像を使って攻撃をかわすと、ひよこちゃんは「変身する度にパワーが増す」と言って、突然コーンを食べはじめる。

・シルエットがフリーザーそっくり

その次の瞬間、ひよこちゃんは第三形態へと変化! それにしても、“第三形態” ってなんだかドラゴンボールのフリーザみたいだな……と思っていたら、なんとキャラクターのシルエットがフリーザそっくりではないか!!

続いて、ひよこちゃんがバターをジョッキで飲むと、今度はフリーザの最終形態のような姿に。そして、日清社員が「アクマのバタコ」の味に感動して泣くシーンが映し出され「アクマのバタコの衝撃に備えろ」というセリフのあと、CMは幕を閉じる。

強引な謎のストーリー展開と、アメコミとドラゴンボールを足して2で割ったようなキャラクターが印象的なこの動画。公式にしてはやりすぎな気もするが、記憶に残るインパクト抜群の作品に仕上がっていることは確かだ。

・ネットの声

「フリーザでしかなくて草」
「ノリが完全にドラゴンボール」
「これが…公式が病気ってやつか…」
「捕まり方がハンニバルレクターで草」
「ひよこちゃん帰ってきて」
「全方位に喧嘩を売るスタイルだいすき」
「食品系の宣伝の中でもトップクラスに頭がおかしい」
「残像拳やん。ドラゴンボールやん! ガンダム入っとる!」
「素晴らしい力の入り方」
「なんだこの超大作」

やはりネット上でも様々なツッコミがあがっていた。果たして日清社員はひよこちゃんから悪魔を追い出すことができるのか、そもそも続編は登場するのか、今後の展開を期待せずにはいられない。

参照元:Twitter @nissin_hiyoko
執筆:K.ナガハシ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。