カルディで売ってるチョイ高いバター『ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター』がウマいので、どう違うのか雪印と食べ比べてみた結果

ショッピングセンターや駅ナカなど、あらゆるところで見かけるようになった輸入食品店「カルディ」。今回はそんなカルディで売っているチョイ高いバターをご紹介したい。

商品名は『マリンフード・ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター』。一般的なバターよりは高いがバカ高くもないこの商品をどんなものかと試しに購入してみたら、今まで食べていたバターと全然違ったのだ……良い意味で!

・『マリンフード・ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター』

ご存知の方も多いかと思うが、カルディでは様々なバターが販売されている。特に有名なのは『カルピス 特撰バター(有塩)』で価格が税込1706円(450g)だが、今回購入した『マリンフード・ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター』は税込1198円(450g)。『カルピス』に比べると3割ほど安い計算だ

ちなみにポピュラーな『雪印 北海道バター』は200グラムで400円程度なので、これと比べればマリンフードの方が3割ほど高価となる。しかし、ウマいならこれくらいの価格は許容範囲だろう。

ということで、いつもの味との違いを確かめるため、雪印とマリンフードのバターを食べ比べてみることにした。雪印は箱に入っているのに対し、マリンフードはアルミと紙の簡易包装。原産国は雪印が日本、マリンフードはニュージーランドとなっている。

さっそく開封して中身を確認すると……あっ

マリンフードの方が黄色い! ナイフでカットすると……

マリンフードの方が柔らかく、スッとナイフが入ったぞ

・雪印と食べ比べ

さて、色や硬さが違うのはわかったが、味にどれほどの違いがあるのだろうか、まずはそのまま食べ比べてみると……全然違う!

マリンフード、ウマッ!!

雪印は口溶けがまったりとしていて、バターの風味が一気に広がる濃いめの味わい。一方、マリンフードは口溶けが軽やかで、バターの風味は控えめでありながら塩気はわずかに強めだ。雪印がマズいわけではないが、マリンフードは口溶け・風味・塩味のバランスが実によい

・トーストに塗って食べ比べ

バターといえばやっぱりトーストでしょ。ということで、焼いた食パンに塗って食べてみたところ、雪印もいかにもバターらしい味がして良いが……マリンフードのふんわりと口の奥に残るさり気ないバターの風味が気に入った。

なお、ネット上ではバターの風味が控えめなことから「マーガリンみたい」とか「物足りない」などの感想も見受けられたが、私にはマリンフードの方がクセがなく食べやすい味に感じられたぞ。

ちなみにこの『マリンフード・ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター』はカルディ以外の店でも販売されており、1000円(450g)以下で買えるところもあるらしい。興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

参考リンク:カルディ「【冷蔵】マリン ミルクを食べる 香りたつ乳酪バター(有塩)450g」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。