【究極レシピ】鶏むね肉を使った『さっぱり鶏チャーシュー』が簡単すぎるのに異常なウマさ! 調味料は「味ぽん」のみ!!

自分で買い物をする人なら分かると思うが、精肉コーナーにおける鶏むね肉の安さは圧倒的である。鶏もも肉と比べてはるかに安い。それだけではないぞ。鶏むね肉は、鶏もも肉に負けないくらいウマいのだ!

サラダチキンを例に出すまでもなく、ここ数年は鶏むね肉ブームが続いている。そして、次に確実にクると目されているのが鶏チャーシューだ。「ミツカン味ぽん®」を使った究極メニュー『さっぱり鶏チャーシュー』が、マジで究極なのでお伝えしよう。

・鶏むね肉でチャーシュー?

鶏むね肉人気の要因として、安い、タンパク質が豊富、調理の手間がかからないなどが挙げられる。中でも、最近人気が急上昇している鶏むね肉料理が先述の鶏チャーシューだそうだ。鶏むね肉でチャーシューが作れるなんて胸熱である。

・簡単に作りたい

作ってみたいけど「料理はあまりしない系男子」なもんで、できるだけ簡単なレシピ希望! という私(あひるねこ)を含めた男子にオススメしたいのが、ミツカンが開発した『さっぱり鶏チャーシュー』だ。用意する材料はコチラ!

【材料(2人分)】

・鶏むね肉……1枚(約300g)
・しょうが……1かけ
・にんにく……1かけ
・赤とうがらし……1本(入れなくても可)
・「ミツカン味ぽん®」……1/2 カップ(100ml)
・水……1/2 カップ(100ml)

・調味料は「味ぽん®」ただひとつ

すっくな! 用意する材料すっくな!! ちなみに、他の調味料は一切必要ない。しょうゆ? いらん。砂糖? いらん。酒? いらん。使うのは「ミツカン味ぽん®」だけ! 他は何もいらーーーん!!

・いきなり実食

それでは気になる作り方ですが……記事の後半でお伝えします。ていうかもう、早く食べさせてくれ! 心配しなくても大丈夫だって、めっちゃ簡単だから!! というわけで、完成した『さっぱり鶏チャーシュー』がコチラである。

はいドン!

おお……超ウマそう……。

ではでは、いただきま~す。

\ パクッ!/

う、ウマぁぁぁぁぁあああ! 鶏肉の旨み、そして……なんかめっちゃサッパリしてるッ! しかも やわらかい!! 「ミツカン味ぽん®」で作ったからか? いけまっせ、いけまっせ! これならいくらでも食べられまっせェェェェエエエ!

素晴らしい……。さすが鶏むね肉さんのポテンシャルの高さは天をも切り裂くでしかし。チャーシューって脂っこいイメージだけど、『さっぱり鶏チャーシュー』はその名のとおりさっぱりしているから、いくらでも食べられそうだ。だからいくらでも食べよーっと。

・アレンジしても究極

いくらでも食べるため、ここでオススメのお手軽アレンジをいくつか紹介したい。ハッキリ言って簡単ってレベルじゃないから覚悟してくれ。

①食べるラー油がけ

まず『さっぱり鶏チャーシュー』を用意します。そこに「食べるラー油」を上から適量かけます。万能ねぎを切って、こちらも適量かけます。

──完成である。

なんということでしょう。おかずとして作った『さっぱり鶏チャーシュー』が、立派なおつまみに早変わりです。これはビールが進む!

②丼にする

チャーシュー丼がウマくないわけないだろう! というわけで、丼にご飯を盛り、そこに『さっぱり鶏チャーシュー』をライドオン。残ったタレをかけて万能ねぎをかけて、その上から刻み海苔をかける。

──完成である。

なんということでしょう。これだけで和風チャーシュー丼の出来上がりです。サッパリしているのでサラサラと食べられます。海苔がいいよ、海苔が。

③チャーハンに乗せる

作り方ですが、まずは冷凍チャーハンを買ってきます。レンジでチンします。皿に盛り付けます。そこに『さっぱり鶏チャーシュー』を乗っけます。

──完成である。

そもそもチャーハンがウマいので、『さっぱり鶏チャーシュー』と一緒に食べると倍でウマくなります。誰が考えたのか知らないが、天才の発想と言わざるを得ない。

・サッパリさが好評

さあ、いかにも “野郎メシ” な料理が揃ったところで、野郎だらけのチャーシューパーティーを始めようじゃないか。それではみんなで、いただきまーす!

野郎といっても、その実態はただのオッサンの群れ。チャーシューなんてそんな何枚も食べられるわけないのだが、『さっぱり鶏チャーシュー』となると話は別。「ウマい!」「サッパリしてる!」と、テーブルの料理は秒速でなくなってしまったのだった。

・保存推奨

それではお待ちかね! その究極のレシピを公開するぞ。真面目に紹介するので(?)、ぜひぜひメモしちゃってほしい。

【作り方】

その1:しょうがを薄切り、にんにくを軽くつぶす(赤とうがらしを入れる場合は、半分に折って種を取り除く)。
その2:鶏むね肉の余分な水気をペーパータオルでふき取り、両面をフォークでまんべんなく刺す(肉は皮つきのまま使用)。
その3:フライパンに「ミツカン味ぽん®」、水、しょうが、にんにく、(赤とうがらし)を入れて煮立てる。
その4:鶏肉の皮目を上にして入れ、ふたをして中火で片面約7分ずつ、14分間蒸し煮にする。
その5:火を消し、ふたをしたまま10分ほど皮目を下にしておいておく。
その6:鶏肉を取り出し、好みの厚さに切って器に盛る(熱さに注意)。
その7:煮汁を再び中火で全体がブクブクと煮立つまで温め直し、鶏肉にかけて完成。

いかがだろうか? そう、めっちゃ簡単である。これなら「料理はあまりしない系男子」でも余裕で作れそうだな。煮汁はよく煮立たせることで、より濃厚なソースになるのでお試しあれ! あ~究極だった。

参考リンク:ミツカン「さっぱり鶏チャーシュー」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。