人生で初めて渋谷ハロウィンに潜入してみて感じたこと

季節的には肌寒いはずなのだが、昨夜(2018年10月31日)の渋谷は異様な熱気を帯びていた。改札を出たまでは良かったが、駅の敷地から一歩出ると人がすし詰め状態。ハチ公前広場は歩くことが困難なほど大勢の人が集まっている。

私(石井)は今回、初めて渋谷ハロウィンというものに訪れてみたが、予想以上の人口密度に初っ端から圧倒されてしまった。一体この先にはどんな景色が広がっているのだろうか……。恐ろしくなりながら街中へと歩みを進める。

・愚かな錯覚

既にご存知の方もいるかもしれないが、実はロケットニュース編集部では今回、キティちゃんのコスプレで渋谷に繰り出した。


駅を出てハチ公前広場を少し行くと、すぐに「キティちゃん、写真一緒に撮ってください」と声をかけられる。

それ以降も写真撮影の嵐。これまで生きてきて知らない人に「写真一緒に撮ってください」なんて言われたことが無かったので、一瞬自分が有名人になったのだと錯覚してしまうくらい。クオリティはどうあれ、キティちゃんになりきったので有名人と言えば有名人なのだが。

・油断禁物

どうにかこうにかハチ公口前広場をやっとのことで抜け、スクランブル交差点に辿り着く。交差点内では警察官が拡声器を使って、立ち止まらずに信号が変わる前に横断するよう促している。「そんなに大声で叫ばずとも青信号の内に渡ることくらいできるだろう」と、考えていたが甘かった。


交差点内に一気に人が押し寄せ、上手く歩くことができないのだ。結局青信号が点滅を始めても未だ交差点内。なんとかギリギリで対岸には辿り着いたが、ここまで苦労するとは思わなかった。

・人海メインストリート

メインストリートとも言える、渋谷センター街にはマジで身動きが取れないほど人の海。小路に外れたり、他の路地だったりは、これほど人が溢れていることはなかったのだが、メインの通りは晦日夜の浅草寺並みだ。


まともに歩くことはおろか、身動きさえ取れない場面もあったので、もしここでころんでしまったらと思うと、ぞっとしてしまう。

そんなすし詰め状態のセンター街でもとにかく写真撮影の嵐。声をかけてくるのは女性が大半。そして海外の方も多かった印象だ。やはりキティちゃんは世界中の女性に愛されているんだな。

・離れて分かる熱気

そんなこんなでなんとか事務所のある新宿に帰還したのだが、駅を出て真っ先に感じたことは「寒い!」ということ。


渋谷は人が密集していたせいで熱気があったのだ。そこまで人々を駆り立てるものは何なのだろう。渋谷ハロウィンとは全くもって不思議なイベントだ。ただ、現場では若い世代が皆一様に楽しそうにしていたのも事実。

楽しむことはとても良いと思うが、マナーを守ってモラルに反することをせず、周りに迷惑をかけないのは絶対条件。こういったイベントを続けていくには、一人一人の意識が重要になってくることは間違いないだろう。

Report:石井陽太
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。