【反省会】千葉ロッテマリーンズの良かったところと悪かったところ2018年版

井口資仁新監督のもと2018年ペナントレースを戦い抜いた千葉ロッテマリーンズ。最終順位は借金22の第5位、特にホームでの14連敗フィニッシュはファンにとってツラい記憶となった。ただ、地獄のような2017年シーズンに比べれば見所が多かったことも事実で「将来につながるシーズン」だったと思いたい。

さて、弱いチームを応援するファンの性(さが)として「シーズン中よりシーズンオフの方が遥かに楽しい」というものがある。そこで今回は、今期の反省と来シーズン以降への期待を含め『千葉ロッテマリーンズの良かったところと悪かったところ2018年版』をお届けしたい。

・反省点と希望

選手には大がかりな補強もなく、ある意味でコーチ陣だけを刷新して迎えた2018年シーズン。大した戦力の上積みもなかったわけだから、5位フィニッシュは当然ともいえるが、一時は3位につけるなど微かな希望も見せてくれた。以下で反省点を3つ、来期以降への希望を3つ挙げてみたい。

Instagram Photo

・反省点1:「打てない、打てない、打てない & 打てない」

就任当初から「機動力野球」を掲げていた井口監督。その言葉通り、盗塁数は2017年の78から124へと激増し、中でも中村奨吾はパ・リーグ2位となる39盗塁を記録した。数字だけ見る限り「機動力野球」は確実にチームに浸透していると言っていいだろう。だがしかし……。

盗塁は出来ても、打てない、打てない……やっぱり打てない。ドミンゲスは一瞬だけ覚醒したものの、貧打のチームは軸となる “打てる助っ人” がいないと上位に食い込むのは困難だ。西武やソフトバンクと比べ、全般的に野手の層の薄さは否めない。

Instagram Photo

・反省点2:「投手陣崩壊」

1年目のボルシンガーだけが神がかり的な活躍を見せたものの、終わってみれば投手陣の防御率は4.04。先発・中継ぎ・抑え問わず「投手陣崩壊」と言っても差し支えないだろう。特にストッパーの内が試合をひっくり返されるケースは印象的で、まずは絶対的な守護神を早急に確立する必要がある。

また、ここ数年「松永依存症」の左のセットアッパーも、新たなカードが必要不可欠だ。先発も頭数だけは揃っているものの、他球団のローテーションと比べると貧弱と言わざるを得ない。涌井に代わる新エースの出現にも期待だ。

Instagram Photo

・反省点3:「フロントがやっぱり口だけ」

シーズン開始前は「井口監督を全面バックアップする!」と息巻いていたフロント陣だが、シーズン中に新戦力の補強もなく、結果的には「口だけだった」と言うしかない。ホームページ上では異例の、

「編成面でも今年一年の戦い方を分析し反省をしながら、的確な補強を行い、チームを強化していきます」

……としているが、飼いならされたロッテファンたちは「どうせいつも通りだろ?」と思っていることだろう。球団創設以来の最多観客動員数を達成したんだから、少しは夢を見させて欲しいものだ。

・希望1:「若手が覚醒した(かも)」

おそらく多くのファンが今シーズンのチームMVPに「井上晴哉」か「中村奨吾」の名前をあげることだろう。両名ともに今後数年はチームの中核を担うべき選手だから、今シーズンの活躍に涙したファンも多いハズだ。

ただし「野球は3年活躍して1流プレイヤー」との格言もあるように、来年も同じくらい活躍するとは限らない。ただその他にも、平沢大河、岩下大輝、種市篤暉あたりも覚醒の兆しを見せており、若手に関しては楽しみが多い。

Instagram Photo

・希望2:「俺たちの福浦が2000本安打達成」

多くの千葉ロッテファンにとって、今シーズン最大のトピックは「福浦和也の2000本安打達成」だろう。福浦自身もプレッシャーから解放され、コーチ業に注力できる環境が整ったハズだ。

誰よりもストイックな42歳のベテランがベンチにいることは、それだけで学ぶことは多いに違いない。

Instagram Photo

・希望3:「ドラフトで藤原恭大を引き当てた」

例年のことながら、3球団以下でのロッテのくじ引きの強さは異常である。将来的にはトリプルスリーも狙える逸材「藤原恭大」を鬼引きしたことはメチャメチャでかい。というか、平沢大河・安田尚憲・藤原恭大がスタメンに名を連ねたら……それだけで白米20杯はイケる。

かつては、ほぼ即戦力しか指名しないドラフトが名物であったが、ここ数年の競合も辞さないスタイルは好印象だ。あとは日ハム、広島ほどとは言わないが「育成のロッテ」と称される日が来ることを願ってやまない。

Instagram Photo

とにもかくにも、シーズンオフに入ってからが楽しくて仕方がないロッテファンは多いハズ。どうか千葉ロッテのフロント陣よ、丸を獲ってくれとは言わないから、井口監督の要望の半分でも聞いてあげてください。そして長い目で井口政権を見守ってください。

参照元:千葉ロッテマリーンズ「ファンの皆様へ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。