【競馬】JBCの3連単をわずか5口で的中させた「3連単の申し子」がエリザベス女王杯で倍プッシュ予想をやります

明らかに波が来ている。ノリに乗っているルメール騎手から買えばプラス収支になるかも──そうお伝えしたのは先週のこと。実際、自称「3連単の申し子」の記者(私)はJBCの3レースすべてルメール騎手から購入し、スプリントをマテラスカイとの軸2頭から5頭の流しで的中させた。なお、同レースを制したルメール騎手は4週連続G1勝利を達成した。

3度あることは4度あるし、4度あることは5度ある──。という言葉は今勝手に作ったが、今週末のエリザベス女王杯もルメール騎手と一蓮托生。倍プッシュで高額配当を狙っていくことにした。競馬で冬のボーナスを捻出だ!

・ルメール騎手から一攫千金

今年のエリザベス女王杯は、3冠牝馬のアーモンドアイがジャパンカップに参戦することで大混戦となりそうな気配がする。もし出走するならルメール騎手とのコンビで1着固定だったが、これで5週連続G1制覇のチャンスがなくなったかといえばそうではない。

競馬ファンならご存じだろうが、ルメール騎手が騎乗予定のノームコアは秋華賞のトライアル「紫苑ステークス」を完勝した実力馬。疲れのため秋華賞を回避、初の長距離輸送といろんな点が気になるが、それで人気を落とすならありがたいとポジティブに考えたいくらいなのだ。何番人気だろうと私は本命にする。

・2番手に指名する馬は……

で、2番手をどうするのかが課題でモズカッチャンやリスグラシューといったところを選びたくなる……が、あえてスルーしようと思う。理由は配当がつかないからに他ならず、3歳牝馬と古馬牝馬の争いが順当に決まるとも考えられないからだ。

競馬に絶対はないが、ここ数年のエリザベス女王杯は1番人気馬が苦戦する傾向にある。支持を集めそうなモズカッチャンは、3着が精いっぱいと予想。あと鞍上のミルコ・デムーロ騎手も本来の調子ではないような気がする。

そこで浮上するのがフロンテアクイーンである。好走するも人気薄になりがちで、狙うならばエリザベス女王杯がベストのタイミングとも言える。それで3着に人気薄が突っ込んでこようものなら、かなりの高額配当にだって期待できる。で、倍プッシュ馬券の結論はというと……

・倍プッシュ馬券

JBC同様に軸2頭から流し、ルメール騎手の1着とフロンテアクイーン2着の順番も揺るがない。そこから全頭に流して勝負しようと思う。1口200円の15通り、トータル3000円で一攫千金といきたい。あとは当日、保険の3連複をいくつか抑える予定でいる。

・マンバくんのシンクロ馬券

最後に悪魔的な予想を繰り返すシンクロ予想マシンの「マンバくん」でもエリザベス女王杯を占ってみた。こちらは4、11、9。プリメラアスール、スマートレイアー、クロコスミアと恐ろしいまでの強欲予想となった。100円の3連複でもヤバい金額になりそう……!

とはいえ、買わなきゃ夢は語れない。もしも今週的中させたら、来週末のマイルチャンピオンシップは倍々チャンスをやる予定。二兎追って全部得る! それではみなさん、よい週末を!!

参照元:JRA公式サイト
予想:マンバくん
イラスト・執筆:万馬券原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。