【100均検証】ダイソーの「BB弾用ピストル」を冷静に分析しながら遊んでみた

なにげに私は銃が好きである。なにせロケットニュース24に入って最初に書いた記事のネタが「世界初の電動ガン」。その後も格安の電動ガン怪しい中華電動サブマシンガンを買っては1人で遊んで記事を書き、今に至るわけである。

そんな私が、ダイソーで売っている「BB弾用ピストル」をスルーするわけがない。別売りのBB弾(約500発入り)も購入し、部屋で1人で遊んでみた。

モデル的には、おそらく「ワルサーP38」を意識しているのだと思われる。あのルパン三世も愛したドイツの軍用自動式拳銃だ。ちなみに次元大介の愛銃はコンバットマグナムであるが、詳しくはルパン三世2ndシリーズの神回「第99話 荒野に散ったコンバット・マグナム」を見ると大吉だ。いい話だぞ。最高なんだ。

それはどうでもいいとして、さっそくBB弾を入れてみた。拳銃の上部にスライド式のフタが付いており、ここからジャラジャラ〜っと入れるわけだ。あったね、こういうの。その昔、幼少期、こういう銀玉鉄砲の中に丸まったダンゴムシを入れて発射する……なんて残酷な遊びをしたこともあったっけ。なつかしいなぁ〜。

それもどうでもいいとして、ジャラジャラ〜ッとBB弾を流し込んでみたところ、なんと37発も入る事が判明。もう少しギチギチに入れたら、おそらく40発くらいは入ることだろう。

だが!!

欲張って弾を入れすぎると……

まるで散弾銃のように弾が一気に2〜3発出てしまうのである。「これはショットガンだ!」という気分で撃つなら良いのだが、まっすぐ飛ばないし、すぐに弾は減っちゃうしで、得することは何一つ無い。

しかしながら……

ちゃんと「1発だけ」出る時は、わりかし狙い通りに飛んでいく。的(まと)との距離は約1.5メートルと超至近距離ではあるが、狙いを定めて発射したら、ど真ん中に的中〜\(^O^)/ なんてことになると、非常に気分は良いのである。

ちなみに今回使用した的(まと)は100円ではない。遠い昔にも紹介したが、当たった弾がくっついて自然にズリズリ落ちていく、東京マルイの『プロキャッチターゲット』という部屋シューター必須の商品だ。的の表面の粘着力が弱まっても水で洗えばベタベタが復活! 文句なしでオススメだゾ〜!٩( ‘ω’ )و

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。