【贈り物】かわいい後輩の誕生日に新宿・歌舞伎町でコーディネートした服をプレゼントしたらこうなった!

人は誰でも、自分のことがわかっているようでわかっていなかったりする。例えばファッションひとつとってみても、他人がコーディネートした方がしっくり来たりするものだ。

そこで私(佐藤)は、後輩記者のあひるねこのために、服を選んでプレゼントすることにした。彼は11月15日が誕生日だったこともあり、上から下まで完全コーディネートすることを試みたのである。とりあえず歌舞伎町に繰り出して、彼にふさわしい服を奮発してプレゼントしたところ……

・可もなく不可もなく

普段の彼は、どちらかといえば控えめな格好をしている。可もなく不可もない。突然髪型を変えてみたり、季節がわりにイメチェンしたり、そういうことをあまりしないタイプの人間である。

面構えは悪くない、むしろイケメンの部類に入るだろう。そんな彼なら、多少派手な服を着ても見栄えするはずである。そう思って、歌舞伎町へと向かった。ここにこそ彼に似合うファッションがあるはずだ。

・大変優秀な男のために

私が訪ねたのは、1軒のメンズブティック。飲食街が立ち並ぶ雑居ビルの一角で、床面積はそれほど広くないものの、所狭しと服が陳列されていた。

せっかくのプレゼントなので、予算は決めずに彼に似合いそうなものを見繕ってみた。思えば、彼が当編集部に入ってからというもの その活躍はめざましく、記事を書くようになってからたった3年の間で高いテクニックを身につけ、主戦力として仕事をしてくれている。

私とは10年以上年齢差があるものの、学ぶところが多いのが正直な気持ちだ。そんな感謝の気持ちを形にしたいと思い、コーディネートを考えるに至った

・メンズブティックで小一時間

小一時間悩み、ブティックのオヤジさんと相談しながら、購入した品々はコチラだ。かなりタイトなスキニージーンズ。

襟が特徴的なシルバーの柄シャツ。

裏地がセクシーでイカした、ボア付きのジャケット。

ポインテッドトゥ(つま先が尖っている)の白のドレスシューズだ。

・実際に着てもらうと……

さて、これらを携えて事務所に戻り、あひるねこの前で「ジャーン!」とお披露目をした。感情表現が控えめな彼は、いくぶん驚いた様子ではあったが、喜んでくれた。と思う。という訳で早速着替えてみてもらうと……。










合うやん!

めっちゃ合うやん! 似合うやん!!

夜の街に出てみると、やっぱり合うやん。あひるねこの中に眠っていた、何かが目覚める……。

「あひるねこよ、人生の先輩としてお前に伝えておきたい。自分の限界は自分が決めるんや……」

「あひるねこよ、昨日はうまく行かなかったとしても、明日もそうとは限らないんだぜ……」

「あひるねこよ、自分を信じてやれるのは、自分だけなんだ。だから「自信」っていうんじゃないかなあ……」

「なあ、あひるねこよ。走れ、もっと走れ! もっともっと早く走れ!! お前にはそれができるんや! お前はそういう男やッ! ワシにはわかるんや!!」

という訳で、今回かわいい後輩、あひるねこのために使った金額はコチラ!

4万飛んで86円!!

あひるねこが喜んでくれたらええや。新しい自分を見つけられたら、ええやん! ステキやん!!

と思ったのだが……。あひるねこは真顔で服の入った紙袋を付き出した。

あひるねこ「コレ、大丈夫です」

え? 大丈夫? 大丈夫ってどういうこと?

あひるねこ「大丈夫です」

ヤバい、この真顔の時のあひるねこはマジでヤバい時だ。つまり大丈夫ではない時の顔。一度私は「殺意が湧く」と言われたことがあったな。これは受け取ってもらえない様子……。愛情たっぷりのプレゼントだったのに……。

すると中澤星児が……。

「僕、着ますわ!」

オーバーコートしか持っていない中澤が、すでに嬉しそうに着ているじゃないか。最近見ないほどの満面の笑みを見せている。

という訳で、結局かわいい後輩が喜んでくれて本当によかった。めでたしめでたし。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。