【ヤバイ】Amazonで売ってる「39万円のおせち」がデカすぎる件 / すべての親戚を総動員しないと完食できないレベル

早いもので11月も後半。あと1カ月もすればクリスマス。あっという間にお正月である。さて、正月といえばやはり「おせち」だ。子供の頃はまったく興味がなかったのに、大人になった今は妙におせちが恋しい。

まあ自分では作れないので、どこかで買うしかないんだけどね。というわけでAmazonのおせち特集ページを見ていたところ、ちょっとあり得ないおせちを発見してしまった。一言で表すなら、デカすぎる。そして、39万もする。何だよコレ……。

・Amazon最大のおせち……

実は去年も、日本一高い「タワーおせち」なる謎の商品を販売していたAmazonさん。しかし、今年はさらにヤバイことになっているぞ。Amazon史上最大だという、その名も『林裕人監修 スーパー超特大おせち』

・デカすぎる件

テレビでおなじみの林裕人シェフが監修した、全84品目からなる特大おせちだ。注目すべきは、通常の約23倍にもなるという一段重である。サイズは縦が76.4センチ、横が113.3センチ、高さ6センチ……ってデカめの板かよ! おせちの大きさじゃねーよ!! 建築現場かよ!

・豪華すぎる件

サイズもヤバイが、中身も激しくヤバイので簡単にご紹介しよう。まず特大の鯛が3尾……。

鮑のふっくら煮が10個……。

そしてロブスターが13尾……ロブスターが13尾!? いや、そんなにいたら怖えーよ!

・完食は困難

他にもキャビアやからすみ、ウニなどの高級食材をふんだんに使用し、見た目も中身も超豪華な仕上がりになっているそうだ。ちなみにコレ、約30人前らしいぞ。ヤバイ……よく知らない親戚も総動員しないと完食できないわ。絶縁した金に汚い叔父さんとかも呼ばないとダメなヤツだわ。

・値段もパない

にしても、この大きさでこの内容だ。お値段も相当なものなのでは? と思い調べたところ、まさかの……。

39万円。

3台限定ということだが、誰が買うんだよ! 配送料無料とかそういう問題じゃないだろ!! いい加減にしろ!

・豪勢なお正月を

参考までに書いておくと、このおせちの発売予定日は2018年12月28日となっている。注文すると冷蔵状態で12月31日に届くそうだ。購入希望の人はぜひ覚えておいていただきたい。良いお正月を。そういえば最後にふと思ったんだけど、これ玄関から入らなくね?

参照元:Amazon「林裕人監修 スーパー超特大おせち」
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。