【検証】オッサンが「Tik Tok」を1カ月続けたら、再生回数がスゴイことになった! 若者は何を見ているのか?

2018年11月のはじめに、恐る恐る動画共有アプリ「Tik Tok」を始めてみた私(佐藤)。約1カ月が経ったが、正直なところ、いまだに楽しみ方が良くわからない。相変わらず、ハッシュタグのテーマに沿った投稿はやる気になれないし、音楽に合わせて踊ったりフリをやったりする気もない。普段のポールダンスの動画を投稿しているだけである。

オッサンのポールダンスになんか需要があるのか? と自ら思いつつ、投稿を続けているのだが、再生回数は驚きの数字をたたき出している。自分で言うのも何だが、オッサンのポールダンス見て面白いの?

・オッサンの参加できるテーマじゃねえ!

使ってみるとやはりこのアプリは、やはり若者のモノであると思わざるを得ない。というのも、テーマとして提供されるハッシュタグに、オッサンは とり付く島もないのだ。たとえば、「秋冬コーデ」「イヤイヤダンス」「おいしいxmas」「コスメ収納」など、どうしろというのだ! ワシに秋冬コーデやコスメ収納を扱える訳がなかろう!

これは若者に足並みをそろえるのはムリ! 我が道を行くしかない!! ということで、かたくなにポールの練習動画を上げ続けてやろうと決意した。

・せいぜい1000回程度だったはずが……

始めてすぐの段階で、奇跡の再生回数1万2000回を出して以降、せいぜい数百回から1000回くらいを行き来している状態が続いた。

有難いことに、ワシみたいなもんにファンもついてくれているので、このまま細々とやって行ければいい。そう思っていたら、ここ数日様子がおかしい。

直近2本の投稿動画の再生回数が……。

1万2000回と7600回だと!?

・夢は叶う!

何度でも言うが、ただオッサンが棒をクルクル回ったり、逆さまによじ登っているだけの動画だぞ? 若者たちよ、何か感じ取るところがあるのか? 自分でいうけど、もう少し時間を有効に使え。ワシみたいなもんがクルクル回るところを見て、貴重な15秒をムダにするでない。

もしも何か感じ取るところがあるのなら、ワシにもまだ生かされる理由があるということじゃな。よし、ワシもがんばるぞい! みんなもがんばるが良い!! 夢は必ず叶う!

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「Tik Tok


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。